小田原キャンパス

作業療法学科

DEPARTMENT OF OCCUPATIONAL THERAPY

作業療法学科

アドミッションポリシー

  • 1)本学のアドミッションポリシーを理解し、作業療法士として「共に生きる社会」の実現に強く貢献したいと考える人
  • 2)作業療法学科のカリキュラムポリシーとディプロマポリシーを充分に理解し、自ら学ぶ姿勢を持ち続け、作業療法士にむけた学修に積極的に取り組む人

カリキュラムポリシー

作業療法学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:作業療法分野の基礎知識を体系的に理解するとともに、多様な背景を持つ人々の生活や価値観を大切にし、社会生活を支える作業療法士を育成するための科目を設定する。
CP2:獲得した知識・技能・態度等を総合的に利用し、保健・医療・福祉の発展に寄与するため、人々の個別性に着目しながら科学的・創造的探究ができる作業療法士を育成するための科目を設定する。
CP3:多様な人々と協働していくために必要なコミュニケーションスキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を社会の中で汎用的に活用できる作業療法士を育成するための科目を設定する。
CP4:常に向上心を持って自己研鑽できる専門職業人としての高い倫理観を有し、人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重できる作業療法士を育成するための科目を設定する。

(教育目標)

<1年次(SBOs1)>
CP1:作業療法を含む保健医療福祉領域とその関連領域に関する基本的知識を修得する。
CP2:人々や社会とのかかわりにおける作業療法の役割を理解する。
CP3:作業療法学生として大学生活を送るにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:大学生として保健医療福祉領域の学修を進めるにあたって必要な態度・志向性を身につける。

<2年次(SBOs2)>
CP1:作業療法専門分野および関連領域における基礎的知識を修得する。
CP2:生活機能に応じた作業療法のかかわりを理解できる。
CP3:作業療法分野の専門教育を深めるにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:作業療法学生として専門教育を深めるにあたって必要な態度・志向性を身につける。

<3年次(SBOs3)>
CP1:作業療法専門分野および関連領域における応用的な知識を修得する。
CP2:生活機能に応じた作業療法評価を実施できる。
CP3:作業療法学生として臨床場面に参加するにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:作業療法学生として臨床場面に参加するにあたって必要な態度・志向性を身につける。

<4年次(SBOs4)>
CP1:作業療法専門分野およびその関連領域における発展的な知識を修得する。
CP2:生活機能に応じた作業療法による治療・訓練・支援を提供できる。
CP3:作業療法士として職業生活を始めるにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:作業療法士として職業生活を始めるにあたって必要な態度・志向性を身につける。

ディプロマポリシー

DP1:作業療法士を目指す者として、建学の精神である「共に生きる社会」の実現を目指し、幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、社会的責務と倫理観を身につけている。
DP2:作業療法士を目指す者として、基礎的学力を養い、関連職種の機能を理解し連携を図ることの出来るコミュニケーション力を身につけている。
DP3:作業療法士を目指す者として、作業療法実践に必要な他者への共感的態度および自己の治療的応用(Therapeutic Use of Self)を身につけている。
DP4:作業療法士を目指す者として、人々の生活機能を客観的・科学的に分析でき、作業療法を実践するために必要な専門的知識・技術を身につけている。
DP5:作業療法士を目指す者として、様々な状況において高度な専門的知識や技術を統合し創造的に課題解決に取り組む力を身につけている。
DP6:作業療法士を目指す者として、国内外問わず自らの活躍の場を模索し、生涯学習を行うことの重要性を認識し、科学的・創造的な探究心を持って作業療法分野の発展に向けて新しい知識を追求(研究活動)する方法を身につけている。