小田原キャンパス

理学療法学科

DEPARTMENT OF PHYSICAL THERAPY

理学療法学科

アドミッションポリシー

  • 1)理学療法士として、物事に前向きで常に向上しようとする意志を持つ人
  • 2)理学療法士として、筋道を立てて科学的に考えることができる人
  • 3)理学療法士として、人の心の痛みが理解できる人
  • 4)理学療法士として、地域とのつながりを大切に考えることができる人
  • 5)理学療法士として、相手の立場に立って物事を考えることができ、「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人

カリキュラムポリシー

理学療法学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:理学療法や関連領域の基礎的・専門的な知識・技術を有し、他文化・異文化を問わない態度で人類の健康を理解できる理学療法士を育成するための科目を設定する。
CP2:獲得した知識・技術・態度をもとに問題点を的確に把握し、病態に応じた適切な理学療法評価・治療を提供できる理学療法士を育成するための科目を設定する。
CP3:理学療法の過程で得た情報を定量的・論理的に分析し、適切なコミュニケーション手段を用いて他者と共有し、チームを構築して問題解決にあたることのできる理学療法士を育成するための科目を設定する。
CP4:常に向上心を持って自己研鑽に努め、修得した知識や技術を関連職種を含めたチーム内で共有しながらリーダーシップを発揮し、専門職業人としての高い倫理観を有した、社会から求められる理学療法士を育成するための科目を設定する。

(教育目標)

<1年次(SBOs1)>
CP1:保健医療福祉に関する基本的知識や異文化に関する知識を修得する。
CP2:保健医療福祉に関する基本的知識を修得し、理学療法とのかかわりを理解する。
CP3:理学療法に必要な論理的思考を養い、コミュニケーションスキルを身につける。
CP4:多様な学問領域に関心を持ち、主体的な学びを通して、使命感、倫理観、責任感、思いやりの心などの豊かな人間性を獲得する。

<2年次(SBOs2)>
CP1:保健医療福祉や異文化に関する発展的な基礎知識を修得する。
CP2:病態に応じた理学療法検査手技を正確に実施できる。
CP3:データと情報を収集し、適切に管理できる。
CP4:他者と協働し、チームの一員として貢献できる。

<3年次(SBOs3)>
CP1:理学療法専門分野および関連領域における基礎的な知識を修得する。
CP2:病態に応じた理学療法評価を正確に実施し、一連の治療プログラムを想定できる。
CP3:収集した情報を基に、障害像の統合と解釈ができる。
CP4:理学療法の発展的な基礎知識を修得し、専門職業人としての倫理観を養い、関連する職種間との連携に貢献できる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:理学療法専門分野および関連領域における知識を修得し、それらを臨床応用できる能力を獲得する。
CP2:適切な評価を選択・実施できる。また、評価結果から医学的根拠に基づいた一連の治療プログラムを立案し、治療の実施および再評価することができる。
CP3:臨床的な疑問点を探究し、その解決を図るための研究デザインや研究チームを構築することができる。また、計画に基づいた研究の実施および結果の臨床応用について検討することができる。
CP4:理学療法における応用的・発展的な知識を修得し、関連職種へ情報提供および共有することができる。

ディプロマポリシー

DP1:理学療法士を目指す者として、建学の精神である「共に生きる社会」の実現を目指し、幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、社会的責務と倫理観を身につけている。
DP2:理学療法士を目指す者として、理学療法を提供するために必要な基礎的な知識を身につけている。
DP3:理学療法士を目指す者として、基礎的な学力を養い、多様性を受け入れ、適切なマナーと円滑なコミュニケーションによって豊かな対人関係を築き、他者への共感的態度を身につけている。
DP4:理学療法士を目指す者として、備えた基礎的知識を理学療法場面に当てはめて客観的・科学的に分析でき、基礎的な理学療法技術を身につけている。
DP5:理学療法士を目指す者として、様々な状況において備えた高度な専門的知識や技術力を統合して、的確な判断に基づく問題解決能力を身につけている。
DP6:理学療法士を目指す者として、効果的な多職種連携のために、自職種および他職種を理解し、チームの一員としての役割が果たせる。
DP7:理学療法士を目指す者として、自身の更なる発展のため、生涯学習を行うことの重要性を認識し、理学療法分野における新しい知識を追求する方法(研究活動)を身につけている。