小田原キャンパス

看護学科

DEPARTMENT OF NURSING

看護学科

アドミッションポリシー

  • 1)看護職者として「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人
  • 2)保健医療分野の発展に貢献したいと考える人
  • 3)他者を尊重し、誠実な人間関係を築くことができる人
  • 4)豊かな人間性を養うため、自らを磨いていける人
  • 5)主体的に学ぶ意欲と能力を持ち、努力ができる人
  • 6)柔軟な発想と探究心を持つ人

カリキュラムポリシー

看護学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:看護専門職者としての基盤となる社会的責務と倫理観を根幹とした幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、一人の人間として豊かな心を身につけるための科目を設定する。
CP2:看護学の基礎となる学問を理解する専門職業人としての基盤力を養い、関連職種の機能を理解し、看護の対象となる人々の利益のために連携を図ることのできるコミュニケーション力を身につけるための科目を設定する。
CP3:個人、家族、組織、地域社会における人々の健康課題を査定し、基本的な看護実践を行うための知識・技術・態度を身につけるための科目、および、看護を必要とする様々な事象について論理的かつ多面的に理解し、自らの考えを表現し、行動する資質と能力を身につけるための科目を設定する。
CP4:未知の事象に対し、専門的知識や技術力を統合して創造的に課題解決に取組むための基盤力と探究力を身につけるための科目、および、看護専門職者としての責務を果たすために、必要な自己研鑽を重ねることの意義を理解し、自己開発の方法を身につけるための科目を設定する。

(教育目標)

<1年次(SBOs1)>
CP1:幅広い教養と豊かな感性を培い、人間を理解するための基盤力、語学力を高める。
CP2:人間と環境を理解するための諸科学を学び、看護学に応用するための基盤を固める。
CP3:個人や家族の健康状態を査定し、健康課題を解決するための看護の視点を身につける。
CP4:自らの学修課題を認識し、自らを動機づけ、主体的な学修活動を行うことができる。

<2年次(SBOs2)>
CP1:豊かな教養を持ち、グローバルな視点で考える力、異文化を理解する力、国際的な感覚を身につける。
CP2:保健医療福祉関連職の機能や社会の仕組みを理解し、看護に活用するための基盤を固める。
CP3:必要な看護を査定、計画、実践、評価し改善を行うための基礎的知識・技術・態度を身につける。
CP4:演習や実習に主体的に取組むことができ、看護専門職者としての自己研鑽力の基盤ができている。

<3年次(SBOs3)>
CP1:多様性を理解し、自らの考えをもち、論理的かつ建設的に思考する力を身につける。
CP2:保健医療福祉関連職の機能や社会の仕組みに関する知識を看護に応用することができる。
CP3:必要な看護を行うための知識・技術・態度を実習で具体的に行うことができる。
CP4:看護に関する未知の事象への興味関心を表現でき、探究活動を開始することができる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:看護専門職者の社会的責務を認識し、倫理観に基づいた看護を行う基盤を固める。
CP2:対象を中心とした保健医療福祉を行うための看護の知識・技術・態度、関連職種と連携を図ることのできるコミュニケーション力を身につける。
CP3:複雑な健康課題、組織や地域社会の健康関連課題を論理的かつ多面的に理解し、看護するための知識・技術・態度を身につける。
CP4:看護研究を行うための基本的な知識・技術・態度を身につける。

ディプロマポリシー

DP1:看護専門職を目指す者として、社会的責務と倫理観を根幹とした幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、一人の人間として豊かな心を身につけている。
DP2:看護学の基礎となる学問を理解する専門職業人としての基盤力を養い、関連職種の機能を理解し、看護の対象となる人々の利益のために連携を図ることのできるコミュニケーション力を身につけている。
DP3:個人、家族、組織、地域社会における人々の健康課題を査定し、基本的な看護実践を行うための知識・技術・態度を身につけている。
DP4:看護を必要とする様々な事象について論理的かつ多面的に理解し、自らの考えを表現し、行動する資質と能力を身につけている。
DP5:未知の事象に対し、専門的知識や技術力を統合して創造的に課題解決に取組むための専門職業人としての基盤力と探究力を身につけている。
DP6:看護専門職を目指す者として、責務を果たすために、必要な自己研鑽を重ねることの意義を理解し、自己開発の方法を身につけている。