ホーム > 学部・大学院 > 作業療法学科 > 教員紹介

作業療法学科教員紹介

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

助教

牛膓 昌利

【学部】
発達障害作業療法学TUV
作業工程技術学
作業療法評価学演習
専門英語T−2
生理学実習

お互いに高め合える仲間をみつけてください。

発達障害作業療法、身体障害作業療法

発達障害児の書字に関する手の動きと姿勢
脳卒中片麻痺上肢機能障害に対する課題特異型訓練・IVESの効果

〈論文〉
Shirahama, K., Gocyou, M., Morita, T., Kitahashi, T., & Yasuda, T. (2016). Development of a task-specific occupational therapy training menu for the improvement of upper limb function in stroke patients. Asian Journal of Occupational Therapy, 12(1), 43-51.
牛膓昌利, 白濱勲二, 友利幸之介, 他 (2015). 脳卒中維持期片麻痺患者の上肢機能障害に対する課題特異型訓練の効果. 作業療法, 34(6), 678-686.

〈学会発表〉
脳卒中後片麻痺患者の麻痺側上肢の使用量と日常生活自立度に関する報告.牛膓昌利,白濱 勲二,坂内大祐. 第46回日本作業療法学会.2012.
慢性期脳卒中片麻痺患者の上肢機能に対する課題特異型訓練と随意運動介助型電気刺激の短期効果についての報告.牛膓昌利,白濱勲二. 第47回日本作業療法学会2013.
課題指向的な上肢機能訓練とIVESの併用療法が麻痺手の使用状況に変化を与えた事例について.牛膓昌利,白濱勲二,坂本恵理子. 第7回 日本作業療法研究学会雑誌.16巻2号,P44, 2013.
Study of the effect of task-specific training on the use of hand paralysis in real life.Masatoshi Gocho, Kunji Shirahama. 第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会2014.
頸髄損傷者へのコミュニケーション、日常生活動作の支援 スマートフォン、エレベーターを自力で使うための工夫. 牛膓昌利,白濱勲二,横田志恵.第49回日本作業療法学会2015.

<学歴>
健康科学大学 卒業
神奈川県立保健福祉大学大学院
 保健福祉学研究科 修士課程修了
神奈川県立保健福祉大学大学院
 保健福祉学研究科 博士課程在学中

<学位>
修士(リハビリテーション学)(神奈川県立保健医療大学)

<職歴>
二之沢愛育会 群馬整肢療護園
医療法人社団和光会 総合川崎臨港病院

【E-mail】mgocho@iuhw.ac.jp