ホーム > 学部・大学院 > 理学療法学科 > 在学生の声

理学療法学科在学生の声

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

理学療法学科1年 大澤 智貴さん(神奈川県立西湘高等学校卒業)

大学では、理学療法士をめざす仲間たちと勉強しているので、毎日とてもいい刺激を受けています。1年次は基礎となる授業が中心ですが、どれも将来に必要な内容ばかり。自然と意欲が湧いてきます。実習では理学療法士の仕事内容や1日のながれを具体的に知ることができ、自分が志す仕事がどのようなものなのか、少しずつわかってきました。

理学療法学科2年 加藤 圭織さん(静岡県 日本大学三島高等学校卒業)

2年次になると、実技を通じて患者さんとの接し方や理学療法士にとって必要な姿勢を学んでいきます。1年次で身につけた知識を応用することが多く、あらためて基礎の重要性に気がつきました。また、学外でも積極的にリハビリテーションのボランティアに参加。脳神経麻痺の方と接していく中で日常の苦労を共有したことは、とても有意義な経験になりました。

理学療法学科3年 蒲田 和さん(神奈川県立鎌倉高等学校卒業)

3年次では、呼吸器、循環器、代謝など、さらに専門的な理学療法の分野に取り組みます。また4年次の臨床実習に向けて、高度な実技テストも増えていきます。私にとって特に印象深かったのは「義肢装具学」の授業。実際に装具を作り、それを身につけて動作確認などを行うことで、装着する患者さんの気持ちをリアルに想像することができました。

理学療法学科4年 鈴木 卓也さん(神奈川県 立花学園高等学校卒業)

4年次は、臨床実習を通じて自分のスキルを磨いていきます。私は治療プランを立てる時、疾患のことばかり考えていましたが、病院で患者さんを担当したことで、まずは相手の話を聞き、対話の中から最適な処置を見つけることが大切なのだと理解しました。プレッシャーもありましたが、患者さんからお礼の言葉をいただいた時は嬉しかったですね。