ホーム > 学部・大学院 > 理学療法学科 > 教員紹介

理学療法学科教員紹介

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

准教授

河西 理恵

【学部】
・運動学T(基礎)
・運動学U(応用)
・運動学実習
・動作分析学
・運動器系理学療法学T(運動器)
・理学療法評価学
・運動解剖学
・マニュアルセラピーT(関節)
・専門英語U(文献購読)
・PTスキル
【大学院】
理学療法分野応用理学療法学

患者さんから信頼される理学療法士になるよう、確かな知識と人間性を磨いてください。

理学療法教育手法に関する研究

ロボットリハビリテーション
加速度計による定量的動作分析手法の開発
徒手療法に関する研究

論文
1.The effect of a Hybrid Assistive Limb® on Sit-to-stand and Standing patterns of Stroke Patients. Rie Kasai Sunao Takeda. J. Phys. Ther. Sci. Vol.28 No.6.T1-T5 2016
2.ひずみゲージを用いた荷重測定杖の製作と実用性の評価:河西理恵、篠原優志、山口凌、佐藤翔太、武田朴:理学療法科学,31(4)505-509.2016
3.腰部脊柱管狭窄症に関するエビデンスと臨床活用:河西 理恵:徒手理学療法学. Vol.15(2).83-89.2015.
4.生体情報を活用した運動機能評価システムの開発:河西 理恵, 武田 朴:立石財団科学技術振興団助成研究成果集 第24号.55-58.2015.
5.The effect of robot suit HAL on trunk posture in standing-up movement. Kasai R, Takeda S:WCPT Congress 2015 Abstract.2015/05.
6.Study on Movement Assistance with Robot Suit HAL: Rie Kasai, Hitoshi Kawasaki, Hiroto Kamikura, Ryota Yamanaka, Masaru Ueno, Shunsuke Yoshida, Koichi Ohnaka, Sunao Takeda:The15th International Conference on Biomedical Engineering(ICBME) 予稿集(査読有)2013/12.Singapore.

早稲田大学社会科学部社会科学科卒業
University of Melbourne, Master of Physiotherapy, (Musuculoskeletal Physiotherapy)
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科(博士課程)保健医療学専攻修了(保健医療学博士取得)

職歴
平成元年株式会社三越本店勤務
平成12年医療法人フジ虎の門整形外科病院勤務
平成16年医療法人永生病院勤務
平成17年独)国立病院機構東京病院附属リハビリテーション学院理学療法学科教員
平成19年つくば国際大学医療保健学部理学療法学科講師
平成22年東京工科大学医療保健学部理学療法学科講師
平成28年国際医療福祉大学成田保健医療学部理学療法学科准教授
学会
平成12年日本理学療法士協会会員(現在に至る)
平成16年日本徒手理学療法学会会員(現在に至る)
平成18年理学療法科学学会会員(現在に至る)
平成19年日本理学療法士協会会員国際部部員(平成25年3月31日まで)
平成21年日本徒手理学療法学会徒手理学療法編集委員(現在に至る)
平成21年日本理学療法士協会 教育ガイドライン特別委員会 部員 (平成23年3月31日まで)
平成21年日本理学療法士協会 診療ガイドライン特別委員会徒手療法班 部員

E-mail:rkasai@iuhw.ac.jp