ホーム > 学部・大学院 > 理学療法学科 > 教員紹介

理学療法学科教員紹介

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

助教

鈴木 啓介

運動学実習(誘発・表面筋電図)
PTスキル
専門英語
理学療法概論
運動療法学総論
理学療法特論
運動解剖学
理学療法評価学
理学療法診断学W
PTマネージメント
病態運動学
代謝系理学療法学

学生生活の思い出は一生の宝になります。何事にも全力で取り組んで、たくさん宝物を作って下さい。

内部障害系理学療法

糖尿病性末梢神経障害患者の歩行機能改善と身体活動量向上に関する研究
内部障害系患者の栄養状態と身体機能に関する研究

【論文】
・鈴木啓介, 廣岡卓, 新津雅也, 小中澤聡, 細川真登, 内田敏男, 加茂智彦, 大武聖. 糖尿病性末梢神経障害患者の歩行における身体動揺性の特徴と感覚機能との関係. 理学療法, 34(1) 70-76. 2017.

・満冨一彦, 鈴木啓介, 廣岡卓, 内田敏男. 脳卒中が併存している糖尿病患者に対する理学療法. 理学療法, 34(2), 2017.

・Tomohiko Kamo, Keita Takayama, Hideaki Ishii, Keisuke Suzuki, Katsuhiko Eguchi, Yuusuke Nishida. Coexisting severe frailty and malnutrition predict mortality among the oldest old in nursing homes: A 1-year prospective study. Archives of Gerontology and Geriatrics, 70, 99-104. 2017.

・新津雅也, 一之瀬大資, 鈴木亮馬, 鈴木啓介, 内田敏雄, 満冨一彦. 急性期病院患者の立位バランスの簡易的評価法-The Standing Test for Imbalance and Disequilibrium (SIDE)の有用性の検証-.理学療法, 32(5), 2015.

・新津雅也, 内田敏男, 一之瀬大資, 鈴木亮馬, 廣岡卓, 鈴木啓介, 大石由美子, 満冨一彦. 当院における転倒転落患者の特性について. 磐田市立総合病院誌, 16(1). 62-71. 2014.

・寺田僚介, 鈴木啓介, 満冨一彦. THA施行患者における術後機能予測-術前CT画像評価の有効性-.静岡県理学療法士ジャーナル. 29, 27-29. 2014.

・Keisuke Suzuki, Yusuke Nishida, Kazuhiko Mitsutomi. Association Between Muscle Synergy and Stability During Prolonged Walking. Journal of Physical Therapy Science, 26(10), 1637-1640. 2014.

【発表】※2016年度のみ
・Keisuke Suzuki, Taku Hirooka, Masaya Nitsu, Satoshi Otake, Yusuke Nishida. A path model analysis of the relationship between gait performance and physical activity in Diabetic Peripheral Neuropathy patients. 19th International Meeting of Physical Therapy Science in Korea. 2016.

・Satoshi Otake, Keisuke Suzuki, Yoshio Nakamura. The status of implementation of self-care behavior among people aged 30-49. 19th International Meeting of Physical Therapy Science in Korea. 2016.

鈴木啓介, 廣岡卓, 新津雅也. 糖尿病患者の歩行機能に対する加齢の影響. 第87回理学療法科学学会. 2017

・鈴木啓介, 廣岡卓, 小中澤聡, 新津雅也, 渡辺実津希, 内田敏男, 満冨一彦. 小型 3 軸加速度計を用いた糖尿病性末梢神経障害患者に対する歩行分析〜糖尿病患者との比較による検討〜. 第20回静岡県理学療法士学会. 2016.

・廣岡卓, 満冨一彦, 内田敏男, 鈴木啓介, 新津雅也, 一之瀬大資. 大 腿 骨 近 位 部 骨 折 患 者 に 対 す る 術 後 早 期 の Whey protein 摂取が筋力と炎症反応,および疼痛に与える効果 〜 Randomized Controlled Trial による検証〜. 第20回静岡県理学療法士学会. 2016.

・鈴木啓介, 西田裕介, 廣岡卓, 内田敏男, 満冨一彦. 糖尿病性末梢神経障害患者に対するリズミカルな音刺激を用いた運動療法が歩行時の下腿筋同時収縮ならびに歩行の動揺性に与える効果-Randomized Controlled Trialによる検討-.第51回日本理学療法学術大会. 2016.

・鈴木啓介, 川合弘太郎, 村松紀生, 新海信介, 廣岡卓, 内田敏男 ,満冨一彦. 糖尿病性末梢神経障害患者における身体機能と精神機能の特徴−末梢神経障害を有しない患者との比較による検討−. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.

【表彰】
・第17回静岡県理学療法士学会 優秀賞(共同)
・第20回静岡県理学療法士学会 最優秀賞(共同)

【講演実績】
・「効率の良い歩行とは?」:理学療法解析セミナー 平成29年3月11日
・「循環器系、血液データから考える急性期におけるリスク管理」:第1回国際医療福祉大学小田原保健医療学部同窓会理学療法部門大会 平成28年10月16日
・「急性期のリスク管理とは?」:第1回聖隷クリストファー大学リハビリテーション学会 平成28年3月26日

<学歴>
聖隷クリストファー大学 卒業
聖隷クリストファー大学大学院
 リハビリテーション科学研究科 博士前期課程修了
聖隷クリストファー大学大学院
 リハビリテーション科学研究科 博士後期課程修了

<学位>
修士 (リハビリテーション科学)(聖隷クリストファー大学)
博士 (リハビリテーション科学)(聖隷クリストファー大学)

<職歴>
磐田市立総合病院

Tel: 0465-21-6724
Fax: 0465-21-6745
E-mail: keisuke-suzuki@iuhw.ac.jp