ホーム > 学部・大学院 > 理学療法学科 > 教員紹介

理学療法学科教員紹介

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

助教

大村 優慈

【学部】
神経系理学療法学
高次脳機能障害学
生活技術学
理学療法診断学
運動学
運動学実習
運動生理学
PTスキル
専門英語

将来受け持つ患者さんのために,真剣に勉強に取り組みましょう!

理学療法学(脳血管障害)

脳画像所見と臨床症状および機能予後の関係
高次脳機能障害を呈する患者の動作練習を効果的に行う方法

【著書】(単著のみ)
1) 脳卒中リハの落とし穴100―成功への一歩 ヒューマン・プレス 2017
2) リハに役立つ脳画像 酒向正春(監) メジカルビュー 2016

【論文】(筆頭のみ)
3) 大村優慈: 視空間の側方傾斜が立位姿勢と歩行に与える影響. 東京農工大学博士論文, 2017
4) Ohmura Y, Yano S, Katsuhira J, Migita M, Yozu A, Kondo T: Inclination of standing posture due to the presentation of tilted view through an immersive head-mounted display. Journal of Physical Therapy Science 29(2): 228-231, 2017
5) 大村優慈: 高次脳機能障害を呈する脳血管障害患者の歩行練習を効果的に行うための工夫. 理学療法湖都 34: 1-5, 2015
6) 大村優慈: CT・MRI所見から脳卒中患者の臨床症状を理解する. 理学療法湖都 32: 1-9, 2013
7) 大村優慈: 高齢脳血管障害者に対する運動負荷試験様式としての自由歩行の検討. 札幌医科大学修士論文, 2006

【学会発表】(国際会議の第一演者のみ)
8) Ohmura Y, Yano S, Katsuhira J, Migita M, Kondo T: Effects of Tilted Visual Information on the Control of Standing Posture and Gait in Healthy Adults. The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, 2015
9) Ohmura Y, Arizono N, Yano S, Kondo T: Effect of Visual Condition on Brain Activity and Motion Accuracy during Cane Usage. 2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2015

<学歴>
札幌医科大学 保健医療学部卒業
札幌医科大学大学院 保健医療学研究科 博士課程前期修了
東京農工大学大学院 工学府 博士後期課程修了

<学位>
学士(理学療法学)(札幌医科大学)
修士(理学療法学)(札幌医科大学)
博士(学術)(東京農工大学)

<職歴>
小樽老人保健施設はまなす(非常勤)
初台リハビリテーション病院
首都医校
世田谷記念病院(非常勤)

【E-mail】ohmura.yuji@iuhw.ac.jp