ホーム > 学部・大学院 > 看護学科 > 在学生の声

看護学科在学生の声

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

看護学科1年 楊 華澄美さん(神奈川県立鶴嶺高等学校卒業)

1年次の授業で一番印象に残っているのは「看護援助論」の授業です。他の授業で得た知識を生かして、臨床現場で行う看護活動を学ぶことで、医療従事者としての自覚を養うことができました。今は看護師のほかに養護教諭という目標があり、教職の授業も履修しています。両方の資格取得をめざせる環境があるのは、この大学の強みの1つだと思います。

看護学科2年 八木 菜穂美さん(神奈川県 神奈川学園高等学校卒業)

2年次では、他学科とチームを組む講義や、看護師役と患者さん役に分かれてロールプレイをする演習、病院で患者さんを受け持つ実習などを行いました。チームの一員としてやるべきことを考えたり、学生が行う看護を疑似体験してみたり、患者さんのリアルな話に耳を傾けるなど、授業を通じて看護のあり方を多面的に見つめる経験ができました。

看護学科3年 田代 香那さん(静岡県 御殿場西高等学校卒業)

3年次では多くの実習を通じて、患者さん一人ひとりに合わせた看護スキルを養うことができました。将来は看護師として青年海外協力隊に参加しようと考えているので、視野を広げるためにボランティア活動に参加したり、保健師や養護教諭の資格取得をめざした勉強に取り組んだりしながら、成長する自分を日々楽しんでいます。

看護学科4年 寺田 雄飛さん(神奈川県立橋本高等学校卒業)

4年次では卒業研究、臨地実習、就職活動、国家試験対策などに取り組みます。特に臨地実習は、これまで学んできたことの集大成となる授業なので「必ず成功させる」という目標を立てて臨みました。おかげで、3年次では目標通りできなかった看護ケアが、4年次の実習では看護計画通り実施することができ、確かな成長を実感しました。