ホーム > 学部・大学院 > 看護学科 > 教員紹介

看護学科教員紹介

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

准教授

谷山 牧

学部:
在宅看護学方法論
在宅看護学演習
在宅看護学概論

看護を学習される過程で、皆さんがすでにお持ちの力を最大限に発揮できるようなサポートができたらと思っています。何かお困りごとがありましたら、お気軽に声をかけてくださいね。

在宅看護学

・経済的困窮が健康に及ぼす影響
・ホームレス者の健康課題
・生活保護受給者の退院支援、在宅ケア上の課題
・生活困窮者の就労準備支援に関すること
・慢性疾患患者のセルフケア促進への支援
・看護学生・看護師の自己教育力向上への教育的介入 など

【論文】
谷山牧、甲斐一郎.看護学生を対象とした臨地実習自己効力感尺度の作成と評価,
日本看護学教育学会誌,22(3), 13-22, 2013
Maki Taniyama, Ichiro Kai, Miyako Takahashi. Differences and commonalities in difficulties faced by clinical nursing educators and faculty in Japan: a qualitative cross-sectional study. BMC Nursing, 11:21, 2012.
一柳陽子, 谷山牧, 山崎千寿子, 武内和子, 小浜優子.看護学生の入学・職業選択動機の実態と構造. 川崎市立看護短期大学紀要.14(1),21-27, 2009.
谷山牧、甲斐一郎、高橋都. 医療面接時の医師の非言語行動が与える影響:模擬診療場面ビデオの作成と内容妥当性の評価. 医学教育. 36(3),177-183, 2005.
谷山牧、高橋都、宮田裕章、青木美紀子、会田薫子、石川善樹、荒西利彦、片岡惇、甲斐一郎. 入院患者の情報機器利用に関する病院調査. 病院管理.41(3),169-176. 2004

【学会発表】
Maki Taniyama, Ruriko Yamashita, Rieko Hashimoto, et.al. Requests for health care professionals caring for homeless people in Japan: an Interview study of advocates’ view. 19th Conference of East Asian Forum of Nursing Scholars. 2016.
谷山牧、山下留理子、保母恵、他. 路上生活者と家族:支援者が捉えた課題. 日本家族看護学会第22回学術集会, 2015.
谷山牧、他. 路上生活者が抱える課題:医療従事者として知っておくべきこと. 第34回日本看護科学学会学術集会, 2014.
Maki Taniyama, et. al. Problems and effective supports for homeless people in Japan: Views from support people. 18th Conference of East Asian Forum of Nursing Scholars, 2015.
谷山牧、他. 生活保護受給高齢者の退院支援と在宅ケアにおける課題と対策:効果的な退院支援. 第4回国際医療福祉大学学会学術大会, 2014 他

東京大学医学部健康科学看護学科 卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程 健康学習・教育学分野/保健学修士
東京大学大学院医学系研究科博士課程 健康学習・教育学分野 満期退学

横浜労災病院
昭和大学医療短期大学(現昭和大学医療学部)
川崎市立看護短期大学

【E-mail】taniyama@iuhw.ac.jp