ホーム > 学部・大学院 > 看護学科 > カリキュラム

看護学科カリキュラム

  • 看護学科トップ
  • 学科長挨拶・教員紹介
  • カリキュラム
  • 在学生の声

国際医療福祉大学の理念と教育目標
国際医療福祉大学(以下「本学」という。)は、「人間中心の大学」、「社会に開かれた大学」、「国際性を目指した大学」という3つの基本理念と、この理念を実現するための7つの教育理念(人格形成、専門性、学際性、情報科学技術、国際性、自由な発想、新しい大学運営)を掲げ、病める人も、障害を持つ人も、健常な人も、互いを認め合って暮らせる「共に生きる社会」の実現を目指した教育を行う。

カリキュラムポリシー
本学は、「人間中心の大学」「社会に開かれた大学」「国際性を目指した大学」という理念のもと、「共に生きる社会」を実現するため、幅広い教養科目を基礎におき、また専門分野に関する科目については体系的に構成するカリキュラムとなっている。
以下に本学のカリキュラム体系を示す。

  • 幅広い教養や視野、国際センスを備えた豊かな人間性を養うための総合教育科目
  • 有益なコミュニケーション能力、関連職種との連携能力及び課題解決能力を身につけた専門職業人を育成するための専門基礎教育科目
  • 保健医療福祉のプロフェッショナルになるための専門知識及び技術を身につけ、専門職業人として社会に貢献できる人材を育成するための専門教育科目

ディプロマポリシー
本学は、保健医療福祉の分野において高い知識と優れた技能と人間性を併せ備えた社会の要請に応え得る有為な専門職業人を育成することを目的としており、各学科において、人材の育成に関する目標を定めている。その実現のために、総合教育と専門教育に重点を置いた体系的なカリキュラムを構築し、前もって学生に明示している成績評価基準に沿って厳格な成績評価を行う。卒業要件を満たす所定の単位を修得した者に対して、卒業を認定し、学位を授与する。
本学で卒業までに身につけるべき内容は、以下のとおりである。

  • 幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、一人の人間として豊かな心を身につけることができる。
  • 専門領域へつながる基礎的な学力を養い、他職種を理解し、専門領域を超えて問題を探求する姿勢を身につけることができる。
  • 各学科における人材育成の目的に沿った専門分野を極め、専門職として必要な高い専門的能力や技術力を持つことができる。

看護学科のカリキュラムポリシー
  • 看護師・保健師として必要な豊かな人間性とアイデンティティを育成する。
  • 人間の健康に寄与する専門職として、看護の本質を追究する学習に主体的かつ創造的に取り組む姿勢を育成する。
  • ヒューマンケアの専門職として必要不可欠なスキルを修得し、保健医療福祉分野におけるチーム医療において協働できる能力を育成する。
  • 物事の本質をみつめ、幅広く学問を探究し、論理的に思考できる能力を育成する。
  • 科学的な根拠に基づく判断力と、問題解決ができる基礎的な看護実践能力を育成する。
  • 国内外の健康課題を理解し、国際的な視野で問題解決を図る能力を育成する。
看護学科のディプロマポリシー
  • 人間への深い関心と尊厳をもって看護の対象を理解し、看護実践の場における倫理的な対処ができる。
  • 多様な学問領域に関心を持ち、人間や健康を学際的にとらえることができる。
  • 自ら学問を探究する姿勢や学習課題を明らかにし、課題達成に取り組むことができる。
  • 看護におけるさまざまな事象に対して、論理的かつ批判的に考え行動できる。
  • 他者の感情や体験に共感できるような感性を磨き、人間関係を円滑に築くことができる。
  • 個人、家族、組織、地域社会における健康課題を査定し、チームの一員として基本的な看護実践ができる知識・技術・態度を持つことができる。
  • 国内外における看護の機能と役割を追究する姿勢を持つことができる。

・カリキュラム履修系統図ダウンロード(PDF)